FC2ブログ
  猫まみれ実行委員会オフィシャルブログ
2020年02月05日 (水) | 編集 |
もうだいぶ気持ちが落ち着いて冷静に書けるようになったので、やっとこの記事に着手します。


タイトル通り、杏が戻ってきました。


20120年元旦、LINEでは里親さまたちと新年のご挨拶を交わし、幸せな様子が次々と送られてきていました。

そんな中、おひとりだけ「相談したいことがあるので電話で話したい」と。

新年最初の譲渡会の用意でバタバタしていたので、その日のうちに電話で話しました。

すると「杏を返したい」と。



杏は昨年の10月16日にトライアルが開始され7日間の期間を経て正式譲渡になりました。10月16日からすでに2ヶ月半の月日が経っていました。

新しい生活が始まり2ヶ月半。すでに杏は里親さんちの猫でした。


もちろん譲渡誓約書には「飼育不可能になった時は必ず連絡すること」という一文はあります。だけどそれは住宅事情やお身体のご事情等、飼育が難しくなった時にまずはご連絡をくださいということです。

今回、電話で事情を聞きましたが…この耳で聞いたことだけ羅列すると、

・杏の血便と軟便がなかなか治らずパネル検査したらコロナの抗体値が高くコロナウィルス陽性だとわかった。(今回書くコロナウィルスとは今流行っている中国発のコロナとはなんら関係ないものです、念のため)

・家の先住も検査したらコロナウィルス陰性だったので、病気じゃない子に感染させたくない。

・医者に弱い子をもらったと言われた。

・杏の体調と幸せを考えて苦渋の決断をした。

他にもしどろもどろ色々言われてましたが要約するとこの4つが理由だそうです。


言いたいことは山程あったので、まずはコロナの抗体値検査がいかにあてにならないかを説明しました。

お外にいた子ならほとんどの子が持っているウィルスで症状が出たとしても軟便程度で、そのコロナウィルスが突然変異してFIPウィルスとなり血中にFIVウィルスが認められたらそこではじめてFIPキャリアとなるんです、なのでコロナの抗体値が低くてもFIPになる子もいるし、高くてもFIPにならない子もいますと説明しましたが、全く聞いてはいただけませんでした。

獣医からこのままでは不治の病のFIPになると脅かされたらしくそれを信じ切ってしまっているような口ぶりでした。一体どこの病院がそのような馬鹿げた話を言ってるのかと聞ききましたが、結構有名な(でもあまり評判のよくない)病院でした。

話している途中であまりにも腹立たしくまるで杏がばい菌扱いされているようで、スタッフ会議をして返信すると電話を切り、怒りの会議を経て4日に迎えに行きました。


部屋に入ると杏は当然のことながら逃げ惑いました。当たり前です、2ヶ月半もこの家の子として暮らしたのだから。

長女さんにキャリーに入れてもらい、出来るだけ冷静に話をしました。

まず話の途中で揉めてやっぱり返さないと言われないために先に「飼育放棄書」にサイン捺印をもらい、あちらが検査結果表を出してきて「脱水もしていて」と言い出した時にわたしの中でなにかがブチっと切れました。

「2ヶ月半この家にいて脱水してると言うのならそれはこの家の飼育方法に問題があるのでしょ。飲んでいる水の量の管理もしてなかったんですか!!」と。

そしたらあちらのご主人が間に割って入り「わかりました、もういいですわ!!」と。

そしてなんと!杏は週いちで病院に連れて行かれていたことがわかりました。もうそれだけでもどれだけのストレスだったか💦

ずっと血便だったと言っていましたが、トライアル中から譲渡後もずっと先住さんとの相性のことで相談に乗りアドバイスもしてきました。それを見返すと、10月16日から26日までの10日間に下痢や血便の報告はありません(硬めの💩が出ました報告はあり)。10月28日に初めて少し緩めですと来て11月15日に初めて病院に行ったとありました。

トライアル中に環境の変化から💩が緩くなるケースは度々ありその説明はいつもお届け時にしていますが、その時点で譲渡からすでに1ヶ月が経っていて、前半はいい💩が出ていたのなら、普通に考えるとその家のなにかがストレスになっていたと考えるのが妥当でしょう。



そして決定的なことが起こりました。

途中、長女さんが先住猫さんを抱っこしてキャリーのところに来られて「お別れやで」と言った時…ご主人が「おい!あんまり近づけるな!」と怒鳴ったんです。

この「あんまり近づけるな」という言葉、これがすべてだったんだと思いました。(これはその場にいたまみれスタッフ3人が聞いています、そのために3人体制で迎えに行ったんですから)

わたしはもうその場にいることが出来ず杏のキャリーとコニママを連れて、車の中に戻りました。

部屋にはゆうこさんが残り冷静に、だけどしっかりと話をしてくれて、最後に「この子は戻すところがあったから戻したんですよね」と聞いたら「はい」と。

そうですよね、これがもし自分たちの保護だったり、ペットショップからならどうされていたんでしょうね。

というかね、500歩譲って譲受した猫がもしFIPになったとしても、最期の時まで看取るのが猫を飼うということなのではないでしょうか。(杏がFIPだと言ってるわけではないですよ、その理由は後述します)


杏が決まった譲渡会、その日は杏はとても人気でこの家族の次に来られた方も「杏ちゃんに会いに」と言われていたんです。でも最初に来られたこの方が「杏ちゃんに一目惚れしました」ととても熱意があったので、次点の方には「もう決まってしまったんです」とお断りしたんです。

こんなことになるなら次点の方にしておけばよかった…この家族を選んだのはわたしのミスですが、選んだばかりに杏のチャンスを阻んでしまった、本当に選ぶんじゃなかったと後悔しかないです!!

杏のことをばい菌扱いしたその口で「愛情はありました、苦渋の決断です」とか言わないでいただきたい。

わたしたちはあの「近づけるな」といった言葉を一生忘れない。



**




戻ってきた日の杏です。

元々いたコニママのおうちをしばらく探検し、思い出したかのようにくつろぎ始めました。

のんちゃんたちともシャーも出ることもなく普通に過ごすように。


そして…


戻ってきた日に杏の身体をくまなく調べていて見つけた首の傷です。
傷はもう乾いていて昨日今日ついた傷ではありません。
間違いなくコニママの家に戻る前についていた傷です。


結局、杏からのSOSだったんだと思いました。杏はあの家がストレスだったんでしょう。


だってね、帰ってきてからの杏は一度も血便も下痢もすることなく過ごしています。ただの1度もです!!もちろん投薬などしていません!

そしてあちらが「獣医師がエコーをしたら少量だけど腹水らしきものが写ったと言っていた」と言われましたが、杏が帰ってきてすでに1ヶ月が経ちますがすこぶる元気でよく食べよく遊び、毎日がとても楽しそうで、もしあの時点でFIPで腹水が貯まりだしていたというのが本当であればもう杏はこの世にはいませんから。




昨晩の撮り下ろし杏ちゃんです💗

ヴェラスをよく食べて少しふっくらしました。

もちろん戻ってきてからの💩はすべて、譲渡前にそうであったようにバナナ状のいいブツです。なんの問題もありません。


今回のことは杏から学ぶものがたくさんありました。譲渡した子のSOSにももっともっと耳を傾けないと、と猛省です。



譲渡会で猫の里親希望をされる方にひとことだけ言いたいです。
わたしたちボランティアは保護した子を幸せにするために送り出すんです。お世話した子との別れは寂しいけれど、その子の幸せを心から願って卒業させるんです。

正式譲渡になった時点でその猫は「あなた」の猫なんです。その子が20年生きても、例え数年の短命であっても、最期の一瞬まで愛情をもって接する覚悟をもってから里親さんになってください。

ボランティア団体からもらった子なのでいらなくなったら返せばいいなどと安易な考えで里親になるのは絶対にやめてください。

猫を自分たちの勝手で振り回さないでください。

猫ファーストの猫まみれ実行委員会は、そういう人のことは絶対に許しません。





ブログランキングに登録しました
ポチッとお願いします(別ブラウザが開きます)
↓↓↓




**




次回の猫まみれwithカーロは緊急譲渡会!
2月16日(日曜日)おとな猫さんだけの譲渡会を開催します。

どうぞよろしくお願いします🙏




通常の猫まみれwithカーロは3月1日(日)13時~開催です!



✳現在猫さんの一般参加の受付はしていません🙇


保護猫カフェ・カーロ
明石市本町2-5-14 浜谷ビル2F
090-2350-2828
JR明石駅より徒歩5分
近隣にコインパーキング多数あり
(*譲渡会参加の件でカーロさんにお電話することはお控えくださいね)




**




まみれっ子たちの身体作りのために、
身体に良いものだけで作られたヴェラスキャットをご支援いただけると本当に助かります🙏

ヴェラス欲しいものリスト

こちらのリンクよりご購入いただくと、自動的に猫まみれ実行委員会にヴェラスが支援される仕組みです。

どうぞよろしくお願いします🙏




**



フード以外で必要なものをリストに入れています。
ご支援いただけると助かります🙏

Amazon欲しいものリスト




**



無理のない範囲でのお願いです🙏
まみれっ子の医療費のご支援にご協力ください🙇

猫まみれ実行委員会口座
ゆうちょ銀行・記号14340 番号76848451
ネコマミレジッコウイインカイ

他行からの場合・店番438 普7684845
ネコマミレジッコウイインカイ

いつも皆さまの温かいご支援で救われています。本当にありがとうございます🙏




**



【譲渡会情報】


2月09日(日)13時~16時
明石で動物と共生するまちづくりの会さんの譲渡会





2月11日(日)14時~17時
加古川でごんまるキャットさんの譲渡会





2月23日(日)13時半~16時半
洲本でハピニャンさんの譲渡会





2月24日(月・㊗️)13時~15時半
たつので姫路キャンフェルさんとチーム命の輪さんの合同譲渡会










スポンサーサイト